AWS入門!クラウドプラクティショナーの勉強~第2章AWSクラウドの概念①~

技術成長記録
スポンサーリンク

こんにちは、kouです。
AWS認定テキスト クラウドプラクティショナーの第2章のまとめを紹介します。

2章以降も、読んで勉強したら随時アウトプットしていきます。

使用した書籍の紹介

第1回のリンクから飛んできていない人もいると思うので、
今回使用した書籍の紹介です。

では、2章のAWSクラウドの概念について説明していきます。

本の内容自体は薄い・・・

この章 AWSクラウドの特徴についてざっくりまとめられています。

冒頭では、この章は試験の28%を占めると書いてあります。
しかし、本書のページ数は16ページしかありません。。
だから、さらっと読めちゃいます。
この本の内容だけでは不安ですね。。

本に書いていないことで、僕が調べてみたことも書いていきますのでご安心ください!
というか、僕がこれでは試験に受からない予感がしたので笑(まだ受けてもいませんが)

本の内容をアウトプットしていきます。

それでは、2章で勉強したことを説明していきます。
この章は細かいことは書いてなくて、おおまかにこういうものですよって、
全体像がイメージできるような内容になっています。

ただし、それがAWS自体の目的でもあると思うので、
これ以降の章でも、この技術はAWSのどんな特徴にあてはまるかな?
って見返すような位置づけな気がしました。

AWSの特徴とは

AWSクラウドには、重要な6つのメリットがあります。↓

  1. これまで固定費だったインフラが柔軟な変動費になる
  2. スケール(経済の発展)しだいでコストが変わる
  3. キャパシティー予測が不要になる
  4. インフラの速度と俊敏性が向上する
  5. オンプレミスのようにデータセンターの運用と保守への投資が不要になる
  6. 数分で世界中にデプロイできる

AWSの機能とか仕組みを知ると、そりゃそうだよね!っていうような内容です。
それでは、1つずつ説明していきます。

固定費から変動費に

これまでのオンプレミスのシステムでは、
データセンターや決まったスペックのサーバを準備、運用するために、
固定費がかかります。

しかし、AWSを使用すると、初期コストを小さくしてスタートすることができます。
莫大な費用を準備する必要がなくなります。

リソースを利用時、使用した分だけにコストがかかる従量課金制です。

新規システムだけでなく、既存システムにかかっている費用、
つまり、人件費、電気代、ソフトウェアライセンス費、保守費などの、
総所有コストTCO(Total Cost of Ownership)も抑えることができます。

AWSが売れれば売れるほど安くなるかも

経済の考え方からすれば当然ですよね。
AWSのユーザがもっともっと増えると、経済の規模(スケール)が大きくなり、
従量課金制の料金も低くしてくれます。

2018年時点までで、60回以上の値下げが行なわれているそうです。

キャパシティー予測が不要に

キャパシティー予測が不要になるという点について。
想像できている人もいるかと思いますが、
通常キャパシティーの予測をする必要があります。

例えば1日の中でリソースをたくさん使う時間帯があるとします。
そうするとリソースの準備としてはその最大で使用したリソースを、
常に用意しておくのが一般的な考え方だと思います。

あるあるですが、最大値のリソースに合わせてサーバなどを構築すると、
オーバースペックになってしまいます。。
コストが無駄ですよね。そこをAWSだと柔軟にスケーリングすることが可能です。

インフラの速度と俊敏性が向上

最低限のコストですぐに(速度)でもITリソースが利用できて、
いつでもリソースの規模を柔軟に変更できるから、
組織としての俊敏性が格段に向上するよね。っということになります。

これまでのオンプレミスの環境だと、どんなリソースを使って、
どこから調達しようか、といった流れがあると数週間~数ヶ月掛かることが容易に想像できると思います。

そんな時間もコストもかけずに気軽に使えてしまうのがAWSクラウドです。

データセンターの運用と保守への投資が不要に

だいたいおわかりかと思いますが、AWSクラウドを利用すると、
オンプレミスとは異なり、自前でサーバなどの機材や各種人件費も不要になります。

ただし、従量課金制で利用料はかかるので、
その利用料の中にAWSの本体の費用が含まれています。

とはいえ、僕たちユーザ側はそういったことを意識する必要がなく、
利用料にだけ目を向ければよいということになります。

数分で世界中にデプロイできる

世界中のどこにでもすぐにシステムが構築できますよ。ということです。
AWSクラウドは世界中のさまざまな場所に本体はあるけど、
どこにあるなんて意識しないでよいですよってことです。

ここではリージョンという言葉が出てきます。
これからも何度も何度も出てくると思うので、
ここで理解していなくてもまったく問題ありません。

2章前半のまとめ

2章の前半部分は以上です。
再度、前半のポイントは↓です。

AWSが誕生した目的みたいな感じですね。

  1. これまで固定費だったインフラが柔軟な変動費になる
  2. スケール(経済の発展)しだいでコストが変わる
  3. キャパシティー予測が不要になる
  4. インフラの速度と俊敏性が向上する
  5. オンプレミスのようにデータセンターの運用と保守への投資が不要になる
  6. 数分で世界中にデプロイできる

第2章の後半はこちら>

コメント

タイトルとURLをコピーしました